ホーム > 新電力のご紹介

新電力のご紹介

PPS_TOP1.jpg

PPS_T1.JPG

PPS5.jpg

電力自由化とは、それまで地域ごとに指定されていた電力会社を、利用者の方が自由に選択できるようになる制度です。

自由化の歴史は、2000年3月、特別高圧に該当する一部の工場やオフィスビル向けの電力小売が自由化されたことにはじまります。

その後、自由化範囲は高圧電力にも広がり、2016年4月からは小規模事業者さまやご家庭向けの低圧電力が全面自由化されます。

PPS_T2.JPG

電気事業の分野に、自由な市場競争を導入する制度改革のことを、一般に「電力自由化」といいます。

かつて日本では、政府が電気料金を規制することを条件に、電力会社にそれぞれの地域における独占を認め、電力会社は各地域において発電から送配電、需要家への小売まで一貫して電気事業を担ってきました。

この電気事業の地域独占は、日本が戦後の電力不足の中から復興し、高度経済成長を遂げるためには、とても効率的な仕組みでした。

しかしバブル経済が崩壊し、経済の低迷が続くようになると、電気事業の高コスト体質や外国との料金格差が問題視され、「電気事業にも自由な競争原理を取り入れるべきだ」という制度改革が唱えられるようになりました。そして、電気事業について定めた「電気事業法」が3回にわたって改正され、電気事業は段階的に自由化されたのです。

PPS_T3.JPG

PPS4.JPG

電力の自由化によって、これまで地域ごとに決められていた特定の電力会社だけでなく、他の電力事業者からも電力を購入することができるようになります。

つまり、今まで決まった1社からしか買うことのできなかった電力を、これからは「どの会社から買うか」、個々に選択できるようになるのです。

PPS_T4.JPG

PPS1.JPG

「新電力」を導入するメリットは、電気料金を削減できること。
大手電力会社に比べ、「新電力」は当社で抱える設備や人員がはるかに少なく、送電設備などのインフラも既存のものを使用するため、従来の電力会社との契約より安く電力を供給できる可能性があります。
今まで独占状態にあった電力市場に多くの事業者が参入することで、さらなる価格競争が起こることが予想されています。

PPS_T5.JPG

PPS3.JPG

経済産業省への届出をしている「新電力」には、電力が不足する事態に備えて大手電力会社のバックアップ(保険)が義務付けられています。
万が一発電所の設備にトラブルがあった場合でも、自動的に他の供給元からの送電に切り替わるため停電などの心配がありません。
また「新電力」は、既存の送電設備を利用して電力供給を行うため、電気の質やサービス、信頼性に変更はありません。

どうして良いか分からない方はご連絡ください

当社では、ご相談、ご提案を無料で行っております。
このような取り組みに興味がある、どうしたらいいのか分からない方は、まずはご相談いただくことをお勧めします。
ご相談だけでも結構です。いつでもご連絡ください。

専任のコンサルタントが、お客様のニーズに合ったムダの無いプランを「業界最安値」でご提案いたします。0120-111-080

メールでのお問い合わせはこちら